住宅ローン借り換えの専門家、大阪の住宅FPコンサルティング

住宅ローン借り換えメニュー

住宅ローン借り換えの
資料請求

上野山写真です住宅ローンの借り換えは私がお引き受けします
代表取締役 上野山 典広
金融機関で審査・管理業務を経験。
その後住宅の資金計画業務を行うが
お客様のための仕事をしたいと
現在の会社を立ち上げ今に至る
※ライフプラン研究会主宰

2016年7月の記事

S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

住宅ローン借り換えなら住宅FPコンサルティング

当事務所にて専門の相談ルームを設け、個別相談もしております。
ご希望される方はお問い合わせ、またはお電話で予定をご確認下さい。
「ホームページを見た」と言って、ご相談下さい。 電話:06-6536-4333 (受付時間:9:00~21:00)

借り換えを一度断られた方はコチラ

>>お客様の声をもっと見る

銀行との金額の交渉は難しく
銀行側に有利な契約になってしまう事があります。
これではお客様が損をしてしまう。
当社は15年の実績を認められ、
他社には真似できない銀行との直接交渉で
金利の安さを実現しました!
あなたの住宅ローン借り換えを徹底サポート!
損になる借り換えは決してさせません。
実際の契約にも同行するので
銀行に言いくるめられる心配もありません。
他社で住宅ローン借り換えが出来なかった方も
当社なら安く出来る可能性がありますので
あきらめてしまう前に一度相談して下さい。
5分で分かる無料査定も行っております!
専門家としてテレビにも出演しております。 よろしければリンクより動画もご覧下さい。 →動画ここから
8割の方が住宅ローンを払い過ぎています!
当社へご相談に来られるお客様の8割は
銀行に多くお金を払い過ぎており、
当社で借り換える事で住宅ローンを安くする事に成功しています。

実質の金利優遇が1.5%が限界の銀行も多い中
1.7%~最大金利優遇1.9%を返済全期間へ引き伸ばしに成功!
全期間ですので、途中で優遇が減ることはありません。
変動金利 0.775% 固定金利 1.15%も可能になりました。
お客様の要望をお伺いしながら借り換えをすると
どれほど得するか、無料で診断致します。
貴方の住宅ローン、弊社で見直してみませんか。

普通銀行はお客様本人が作成した書類しか
受け付けてくれません。
しかし、私達は実績を銀行に認められ信頼されていますので
弊社で借り換え手続きをする場合は書類作成も
全て当社にお任せ、手間をほとんどかけずに借り換えができます。

借り換えをする場合にはお客様には2回だけ銀行に
行っていただかなければなりませんが、2回とも
私が同行致しますので、ご安心下さい。

多くの銀行の場合、この勤務先や年収、自己資金の有無などであらかじめ
優遇金利が決まっています。また審査の結果によっても金利が上がる場合もあります。
ホームページでは最低金利を書いていますが、受付時に金利がそれより高くなる事が
分かっていても教えてくれません。
せっかく、申し込んでやっと審査がおりても思ったより金利が高かった。
でもここまで来て、他の銀行に行くのは面倒なので、そのまま借り換えした。
というケースもよくあります。
当社は、銀行の提示してきた金利が納得いかなかったら、他の銀行と金利引き下げ
交渉をして、最安値の金利をもらうようにしています。

忙しくて平日動けないお客様には、土曜日、日曜日平日の夜に銀行の担当者に
お客様のとの事で手続きしてもらう事可能です。わざわざ銀行に行かなくても
いいんです。長年の実績のおかげです。

当てはまるアナタは得できる!住宅ローン借り換え
これに一つでも当てはまった方、よろしければご相談下さい !
これら全ての悩みも、銀行と提携しているから分かるノウハウと
関西No1になるまでに培った15年の経験を元にスッキリと解消致します。
お得な住宅ローンの借り換え方
住宅ローンを借り換えた人の例をご紹介します 人によっては借り換えで1000万以上安くなる場合もございます 今の住宅ローンに疑問を感じた方いちどご相談下さい
このように見直しによって大幅に差額が出る方が沢山います。
あなたのご要望をお聞きして
それに合わせた住宅ローンの借り換えをご提案致します。
低金利を上手に活用し、3 年後・ 5 年後の住宅ローンの残高を
大幅に減少させるためのアドバイスも実施。
住宅ローンの金利上昇の不安もきっちり改善します。
※弊社では本当に住宅ローンの借り換えの必要な方のみにプランをご提供しております。
またこちらからお勧めする事はあっても住宅ローンの借り換えを強制する事は無いという事をお約束します。

Copyright (C) 2010 住宅ローン借り換え ALL Rights Reserved.ホームページ作成F
相互リンクプライバシーポリシーお問い合わせ